アオツズラフジ

雑草名 アオツズラフジ
科名 ツズラフジ科
学名 Cocculus orbiculatus
生活型 多年生・つる性落葉木本
生育地 道端・林縁・藪
繁殖器官 根茎・種子
類似草種別名() 別名(カミエビ)
つる性落葉木本でやぶに多く、道端でもよく見かける。
葉は互生、少し光沢があり、卵形ないし心臓形で、3浅裂することもあり形にはバラエティがある。
雌雄異株。夏に総状花序に、淡黄色の目立たない花をつける。
雌株は秋に核果を結実し、これがブドウのように青く熟して目立つ。
アオツズラフジ
開花時の様子

前の記事

アオビユ