ハナウド

雑草名 ハナウド
科名 セリ科
学名 Angelica pubescens
生活型 多年生・広葉
生育地 山野
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(-)
本州~九州の山地の斜面や、やや湿った日当たりのよいところに生え、花期には枝先に大形の白い複散形花序をつけのでよく目立つ。
茎は直立して高さ1~2mになる。上部では枝を分ける。葉は2~3回3出羽状複葉。
小葉は長楕円形で長さ5~10㎝、葉の裏面は脈上に開出した白毛が密生する。
葉柄の基部は著しい鞘となってふくれ、茎を抱き、小枝の先では若い花序を包む。
よく似たものが多く正確な識別は難しい。
ハナウド
生育の様子
ハナウド
花期には枝先に大形の白い複数形花序をつける

前の記事

ハナダイコン

次の記事

ハシリドコロ