ワレモコウ

雑草名 ワレモコウ
科名 バラ科
学名 Sanguisorba officinalis
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 山野・牧草地・道端・堤防
繁殖器官 種子・根茎
類似草種別名() 別名(-)
夏から秋にかけて茎の先端を伸ばして赤茶色の花穂をつける。
高さは50-100cmになるが生い茂ることはなく秋の茶花に使われる。
ワレモコウ
開花時の様子
アカオニタビラコ
花穂は秋の茶花に使われる

次の記事

ワルナスビ