ワルナスビ

雑草名 ワルナスビ
科名 ナス科
学名 Solanum calolinense
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 畑・道端・牧草地・荒地
繁殖器官 種子・地下茎
類似草種別名() 別名(-)
ヨーロッパ原産の帰化植物で牧草地や荒れ地、道端などに生育し繁殖力も非常に旺盛である。
葉や茎にトゲがたくさんあり有毒なのでワルナスビの名がある。
6~9月にかけてナスに似た花を咲かせる。
花の色は白色系と紫色系のものがあり混生している。
実は熟すと黄色い球形をしている。
ワレナスビ
開花時の様子
ワレナスビ
葉や茎にトゲがたくさんあり有毒である

前の記事

ワレモコウ

次の記事

ワラビ