ヤマユリ

雑草名 ヤマユリ
科名 ユリ科
学名 Lilium auratum
生活型 多年生・広葉
生育地 山野
繁殖器官 球根・種子
類似草種別名() 別名(-)
日本に自生するユリで一番大型で山野草で最大の花をつける。
高さ1~1.5メートル、茎は細く花が大きい、地下の鱗茎は大きく球形、黄白色を帯びる。
7~8月に白色大型の強い芳香のある花を茎頂に2~6個つける。
先端は外側に反転、内側には赤褐色の斑点があり中央に黄色い斑紋がある。
園芸では大輪系の母種となっている。
ヤマユリ
開花時の様子
ヤマユリ
花の先端は外側に反転、内側には赤褐色の斑点があり、中央に黄色い斑紋がある。

前の記事

ユキノシタ

次の記事

ヤマブキソウ