ヤブガラシ

雑草名 ヤブガラシ
科名 ブドウ科
学名 Cayratia japonica
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 林縁・道端・野原・荒地
繁殖器官 種子・地下茎
類似草種別名() 別名(-)
林や藪のまわり、庭のまわりや道端などに生育する。
茎は長いつるになり他の木やフェンス等に覆いかぶさり枯らしてしまうこともあり藪枯らしの名になっている。
葉は3~5枚程度の小葉に分かれている。
7~9月、淡緑色の小さな花をたくさん咲かせ蝶や蜂の蜜源になる。
まれに紫黒色のブドウ形の小さな果実をつける。
ヤブガラシ
開花時の様子
ヤブガラシ
葉や茎にトゲがたくさんあり有毒である

前の記事

ヤブカンゾウ

次の記事

ヤハズソウ