メリケンカルガヤ

雑草名 メリケンカルガヤ
科名 イネ科
学名 Andropogon virginicus
生活型 1年生・イネ科雑草
生育地 道端・河川敷・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(-)
多年草。高さ50~100cm。
茎は叢生して基部はやや扁平。茎上部の葉は葉身が退化し、葉鞘のみになる。
葉鞘の中に小穂をつける。
小穂は2つの小花からなるが、実るのは片方のみ、1~2cmの芒がある。
小穂の根元には白い綿毛が多数生え、風で運ばれる。
晩秋に葉鞘に包まれた穂を上から下までまんべんなくつけ冬枯れしても倒れずに初夏まで枯れた穂が残る。

生育の様子
“"
小穂の根元には白い綿毛が多数生える

前の記事

メリケントキンソウ

次の記事

メマツヨイグサ