ムシトリナデシコ

雑草名 ムシトリナデシコ
科名 ナデシコ科
学名 Silene armeria
生活型 越年生・広葉雑草
生育地 庭・道端・河川敷・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(-)
ヨーロッパ原産の帰化植物。
江戸時代に鑑賞用として移入されたものが各地で野生化しており、道端で群生しているのを良く見かける。
花が赤紫色で美しいので、除草の際にも残されることも多い。
葉や茎は粉白色を帯びており、上部の節からは粘液が出て粘る。
この粘液に虫が捕まることがあることからムシトリナデシコの名がついたが食虫植物ではない。
ムシトリナデシコ
開花時の様子
ムシトリナデシコ
花は赤紫色で美しい

前の記事

ムラサキウマゴヤシ

次の記事

ミツガシワ