マツヨイグサ

雑草名 マツヨイグサ
科名 アカバナ科
学名 Oenothera etricta
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 道端・空き地
繁殖器官 種子・根茎
類似草種別名() 別名(オオマツヨイグサ・メマツヨイグサ・コマツヨイグサ)
南米原産地で江戸末期に帰化して海岸、河原、土手などに自生するが最近では見かけることが少なくなってきた。
北米原産のオオマツヨイグサより小型で、花がしぼむと赤くなることで区別できる。
マツヨイグサ
花がしぼむと赤くなる

前の記事

ママコノシリヌグイ

次の記事

マツバギク