マツバギク

雑草名 マツバギク
科名 ハマミズナ科
学名 Delosperma cooperi
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 庭・道端・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(耐寒性マツバギク)
南アフリカ原産の葉が多肉質の多年草である。
花は花弁が紫色で一見キクにも似て春から夏にかけ開花を繰り返す。
高温や乾燥に非常に強い。
茎は地上を横に這い、先端が立ち上がる。
葉は対生し断面がやや三角になった棒状。
マツバボタン(スベリヒユ科)と名前が似ているが別な植物である。
おなじみのピンク花で耐寒性に優れるのがレイコウ( Delosperma cooperi )という。
マツバギク
開花時の様子

前の記事

マツヨイグサ

次の記事

マツバウンラン