マコモ

雑草名 マコモ
科名 イネ科
学名 Zizania latifolia
生活型 多年生・イネ科雑草
生育地 水路・湿地
繁殖器官 種子・根茎
類似草種別名() 別名(-)
水辺に群生し、沼や河川、湖などに生育。
また食用にも利用される。
成長すると大型になり、人の背くらいになる。
花期は夏から秋。
黒穂菌に侵せれ肥大した茎をマコモダケとして食用され中華食材として八百屋で見かけられる。
古くは黒穂菌の胞子をマコモミズと呼び、お歯黒、眉墨、漆器の顔料などに用いられてきた。
アメリカでは種子をワイルドライスをして食される。
マコモ

前の記事

マツバウンラン

次の記事

ホトケノザ