ヘラオモダカ

雑草名 ヘラオモダカ
科名 オモダカ科
学名 Alisma canaliculatum
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 水田・湿地
繁殖器官 根茎・種子
類似草種別名() 別名(-)
オモダカ科の水田雑草の一つで、水田や浅い水中に生え、葉は披針形~狭長楕円形で、基部はしだいに細くなって葉柄に続くへら型で長さ10~30cm。
花茎は高さ40~130cmになり、3本ずつ枝を輪生するのを繰り返し、先端に直径約1cmの白色3弁の両性花をつける。
矢じり型の葉をつけるオモダカ対して、葉がへら状で塊茎を作らず種子をたくさん生産する。
ヘラオモダカ
生育の様子
ヘラオモダカ
開花時の様子

前の記事

ベンケイソウ

次の記事

ヘラオオバコ