ヘラオオバコ

雑草名 ヘラオオバコ
科名 オオバコ科
学名 Plantago lanceolata
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 道端・芝地・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(オオバコ)
ヨーロッパ原産の帰化植物でオオバコより葉が細長くへら状をしている。
日本全土の道端、荒地など日当たりの良い乾燥した場所に自生する。
高さ40~70cmで根茎は太く肉質、葉は根出葉で被針形、幅1.5~3cm、長さ20~30cm、縦脈数本が目立つ。
6~7月頃に花茎を40~70センチに伸ばして、穂状に多数の花をつける。
ヘラオオバコ
生育の様子
ヘラオオバコ
葉が細長くへら状

前の記事

ヘラオモダカ

次の記事

ヘビイチゴ