ヘクソカズラ

雑草名 ヘクソカズラ
科名 アカネ科
学名 Paederia scandens
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 藪・道端・荒地
繁殖器官 根茎・種子
類似草種別名() 別名(-)
全体に悪臭があり万葉集でも屁糞かずらとして出てくる。
茎は、左巻きで他の植物に絡み付いて繁茂する。
葉は、楕円形で先は尖り、基部は心臓形。
8月ころに筒状で外側は灰白色、内側は紅紫色で茎や葉の特異な臭気とはかけ離れた美しい花をつける。
秋には、直径5mmくらいの球状の実を付け、熟すと黄褐色になり、この果実はいつまでも枝に残っていて、冬枯れになると良く目立つ。
実は鳥に食べられ運ばれて分散する。
ヘクソカズラ
開花時の様子
ヘクソカズラ
花は筒状で外側は灰白色、内側は紅紫色

前の記事

ヘビイチゴ

次の記事

フタバムグラ