フキ

雑草名 フキ
科名 キク科
学名 Petasites japonicus
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 道端・牧草地・空き地
繁殖器官 地下茎
類似草種別名() アキタブキ
フキは、雌雄異株で早春に地下の根茎から大型の苞をつけた花茎を伸ばし、その先端から頭状花序をつける。
雌花は白、雄花は黄色で、この花芽を一般にフキノトウといい、多くの鱗片葉をつけている。
根茎をのばして繁殖する。葉は花が終わった後に出し葉柄は食用にする。
大型のアキタブキは東北地方と北海道で野生し、また栽培もされている。
フキ
花の様子
フキ
開花時の様子

前の記事

ブタクサ

次の記事

ヒレハリソウ