ヒヨドリバナ

雑草名 ヒヨドリバナ
科名 キク科
学名 Eupatorium makinoi
生活型 多年生・広葉雑草
生育地 林縁・道端
繁殖器官 根茎・種子
類似草種別名() フジバカマ
各地の林道の脇、草原などの日当たりの良い場所に自生する。
高さは1m、茎葉は細長く立ち上がり、葉は対生し、あらい鋸歯がある。花期は8〜10月頃。
フジバカマに似ているが、フジバカマの葉は3裂するのに対して本種は裂けないので区別できる。
名の由来は、ヒヨドリが山から下りてきて鳴く9月ごろ開花することからヒヨドリバナと呼ぶ。
ヒヨドリバナ
開花時の様子

前の記事

ヒルガオ

次の記事

ヒメムカシヨモギ