ヒメヒオウギズイセン

雑草名 ヒメヒオウギズイセン
科名 アヤメ科
学名 Crocosmia x crocosmiiflora
生活型 多年生・広葉
生育地 庭・道端・空き地
繁殖器官 球根・種子
類似草種別名() 別名(-)
園芸ではクロコスイマ、以前はモントブレチアと呼ばれる球根植物。
暖かい地方では、一度球根を植えるとほとんど放置しておいても差し支えなく宿根草のように扱える。
各地で野生化し、水辺に多く見かける。
花は花茎から穂状花序を分枝し、各々にオレンジ色の花を付ける。
ヒメヒオウギズイセン
開花時の様子

前の記事

ヒメマツバボタン

次の記事

ヒメツルソバ