ヒナソウ

雑草名 ヒナソウ
科名 アカネ科
学名 Houstonia caerulea
生活型 越年生・広葉雑草
生育地 芝地・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(フーストニア ・ トキワナズナ)
北アメリカ東部原産で毎年花を咲かせる小型の多年草で、日本には明治時代に観賞用に入ってきた。
ほふく性があって横に広がり草丈は15cm前後で、葉は1cmほどのへら状である。
4月ごろ小さな株を覆うようにたくさんの小花を咲かせる。
十字形の整った花の形で花つきがとてもよいのが特徴である。
山野草店で販売されている。
ヒナソウ
開花時の様子
ヒナソウ
花は十字形の整った形をしている

前の記事

ヒナタイノコズチ

次の記事

ヒナゲシ