ヒゲナガスズメノチャヒキ

雑草名 ヒゲナガスズメノチャヒキ
科名 イネ科
学名 Bromus rigidus
生活型 1年生・イネ科雑草
生育地 道端・牧草地・畑・荒地
繁殖器官 種子
類似草種別名() 別名(オオスズメノチャヒキ)
大正時代の初めに移入し、全国に広がって道ばたに見かけるごくありふれた雑草である。
和名は芒が長いことから付いている。
茎は直立し、叢生する。小穂が大きく目立つことでこれ以外の属と混同することはあまりない。
芒の長いものはカモジグサ属、短いものはドクムギ属のネズミムギなどに多少似ているが、花序の形が異なり、そこまで小穂は大きくない。
ヒゲナガスズメノチャヒキ生育の様子
ヒゲナガスズメノチャヒキ小穂が大きく目立つ

前の記事

ヒツジグサ

次の記事

ヒガンバナ