ヒガンバナ

雑草名 ヒガンバナ
科名 ヒガンバナ科
学名 Lycoris radiata
生活型 多年生・広葉
生育地 林縁・道端・水田畦
繁殖器官 球根
類似草種別名() 別名(マンジュシャゲ)
9月の彼岸のころ土手や畦を赤く染めて咲くのがヒガンバナである。
群生地では観光名所になっているところもある。
花被片は6枚で基部から大きく湾曲して外側にそり返っている。
花茎の枯れたあと、鱗茎からへら形葉が束生する。
冬の植物が枯死している時期に緑色の葉はよく目立つ。
4月ころにはすべて枯れてしまう。
球根は有毒ですが毒抜きをして食べたれ救荒食物として植えられた。
ヒガンバナ
群生地の様子
ヒガンバナ
花被片は6枚で基部から大きく湾曲して外側にそり返っている

前の記事

ヒゲナガスズメノチャヒキ

次の記事

ハルジオン