ハマスゲ

雑草名 ハマスゲ
科名 カヤツリグサ科
学名 Cyperus rotundus
生活型 越年生・カヤツリグサ科雑草
生育地 芝地・道端・土手・海岸
繁殖器官 種子・地下茎
類似草種別名() ヒメクグ・キハマスゲ
海岸の砂浜や道端、グラウンドなどの日当たりの良いところに生育する。
塊茎を作り繁殖するので手抜きでは防除できず芝生内では困る雑草の一つである。
葉は線形で長さは8~15cm、濃緑色で光沢がある。
7~10月に茎の先から枝を出し濃褐色の穂をつける。
ハマスゲ
生育の様子

前の記事

ハマダイコン

次の記事

ハゼラン