ハナニラ

雑草名 ハナニラ
科名 ヒガンバナ科
学名 Ipheion uniflorum
生活型 越年生・広葉雑草
生育地 庭・道端・土手・荒地
繁殖器官 塊茎・種子
類似草種別名() 別名(イフェイオン ・ スプリングスターフラワー)
明治時代に観賞用に導入された秋植えの球根植物で春に星型で白色、青色の花をつける。
繁殖が旺盛で、逸出し雑草化している。
葉にはニラのような匂いがあり、このことからハナニラの名がある。
古い分類ではネギ科やユリ科に分類されたこともある。
ハナニラ
開花時の様子
ハナニラ
春に星形で白色・青色の花をつける

前の記事

ハゼラン

次の記事

ハナダイコン