ハキダメギク

雑草名 ハキダメギク
科名 キク科
学名 Galinsoga ciliata
生活型 1年生・広葉雑草
生育地 芝地・道端・牧草地・空き地
繁殖器官 種子
類似草種別名() コゴメギク
熱帯アメリカ原産で都会周辺に多い。
茎は柔らかく、葉は毛が多くやや長い卵形で先がとがっている。
6~9月に茎の先が分かれて黄色の小さな丸い花をつける。
花を分解すると白い舌状花に冠毛がある。
コゴメギクとの区別は舌状花がやや大きく冠毛があり葉は光沢がない点である。
牧野富太郎が世田谷の掃き溜めで発見して名づけた。
ハキダメギク
生育の様子
ハキダメギク
6〜9月に黄色の小さな丸い花をつける

前の記事

ハシリドコロ

次の記事

ノミノフスマ