ヴェグラス ドットコム

トップページ > 微生物殺虫剤(BT水和剤)バシレックス

バシレックス

バシレックス水和剤は
2系統のBT菌を有効成分とする『微生物殺虫剤』です

野菜類のアオムシ・コナガ・ヨトウムシ、樹木の害虫(つばき類/チャドクガ、さくら/モンクロシャチホコなど)の防除に有効です。
また、バシレックス水和剤は有機農産物の日本農林規格で使用可能な農薬に指定されている製品です。

チョウや蛾の幼虫防除に!! バシレックス水和財

バシレックス水和剤は・・・

活性成分は自然界に存在する昆虫病原細菌です。
野菜・果樹・芝・樹木を加害するチョウや蛾の幼虫に安定して効果を発揮できます。
使用回数の制限がなく、有機栽培や特別栽培農産物生産に使用できます。
収穫の直前まで使用することができます。

BT剤とは・・・?

バチルス・チューリンゲンシス(BT)という菌を有効成分とする微生物農薬です。BT菌は芽胞形成期に菌体内に産生する結晶性蛋白毒素を作ります。チョウや蛾の幼虫が、BT剤を散布した葉などを食べると、この結晶性蛋白毒素により幼虫は死亡します。死亡には2~3日を要しますが、食下後2~3時間で接触活動を停止しますので遅効的であっても被害は進みません。また、人畜に対しての安全性は高いです。

バシレックスの殺虫機構

バシレックス

バシレックスの上手な使い方

①若齢幼虫に有効なので、若齢幼虫期に時期を失せず散布しましょう。

②食毒作用のため、作物に薬剤が十分かかるように展着剤を加用し、丁寧に散布してください。

③アルカリ性の強い石灰硫黄合剤、ボルドー液などの農薬およびアルカリ性の高い葉面施用の肥料などとは混用しないでください。

④茶に使用する場合は残臭のおそれがあるので、摘採前7日以内の使用は避けてください。

⑤蚕に毒性があるので十分注意してください。使用に当たっては、散布地域の使用規制に従ってください。

バシレックス

バシレックスの適用作物と適用害虫

作物名 適用害虫名
野菜類 アオムシ、コナガ、タマナギンウワバ
ヨトウムシ、ハスモンヨトウ
りんご ヒメシロモンドクガ、アメリカシロヒトリ、ハマキムシ類
かき カキノヘタムシガ、イラガ類
チャノコカクモンハマキ、チャハマキ
ヨモギエダシャク、チャノホソガ
さんしょう(実) アゲハ類
さくら モンクロシャチホコ、アメリカシロヒトリ
プラタナス アメリカシロヒトリ
つばき類 チャドクガ
樹木類 トビモンオオエダシャク
ストック コナガ
フェニックス・ロベレニー トビモンオオエダシャク
タマナヤガ、スジキリヨトウ、シバツトガ