クロレートS 使用場面から選ぶ

竹・ササ 防除

(注)地下茎の貯蔵養分により、竹・ササが再発生する可能性がありますが、次第に枯れていきます。

クロレートSの上手な使い方

竹・ササの種類を判別

・竹・ササの種類によってタケノコの発生時期は異なります。
→ 毎年の発生時期を確認し、散布適期に散布しましょう

春のタケノコの発生時期の散布がもっとも効果的です。
・タケノコが大きくなる前に散布しましょう。
・植栽地では使用できません。
・薬剤処理された場所から発生したタケノコは食べないで下さい。

薬剤は根元だけでなく、周辺までできる限り広く散布

・竹の地下茎は地中で広く分布。(数十メートルになる場合あり)
→地上部が枯れても、地下茎は生き残っています。


節間投入で竹を1本ごとを枯らせる

・節間にドリル等で穴を開け、ろうと等を用いて粒剤のまま投入し、
投入後はコルク栓・テープ等で塞ぎ雨水等が入らないようにして下さい。(10~20g/本)


急斜面での散布は避ける

・作業が困難なだけでなく、薬剤の流亡の恐れがあります。急斜面での散布は避けて下さい。


効果の発現には時間と適度の土壌水分が必要

・効果の発現(葉が枯れ始める)には1~2ヶ月程度、効果の完成(桿が黒色・茶色に変色)には3ヶ月以上を要することもあります。
→小さい「タケノコ」の時期が最も早く効果が発現します。
・粒の崩壊、土壌中への速やかな浸透のため、土壌には適度の水分が必要です。
※クロレートSは水に溶けやすいので、土壌が過湿の条件下では散布を避けてください。


可能であれば散布表面の堆積物(枯葉)を除去

・出来る限り土壌表面の堆積物(枯葉等)を除去し、薬剤が土壌中に浸透しやすくすることが重要です。


周辺の有用植物には飛散することのないように注意


竹は立ち枯れすると、倒れやすくなるので注意

・枯れた竹は大風・台風や積雪などで倒れやすくなっています。また、燃えやすくなっていますので、枯れた竹は早めに処分することを心がけてください。


クロレートSは水に弱いので
土壌が過湿の条件下や降雨前後の散布はお勧めできません。



オススメの使用方法例

竹は枯れても、伐採が大変

・ 秋~冬に伐採・撤去 – 雑草が少なく、竹も切りやすい。
・ 春にクロレートS散布 – タケノコの出てくる時期が最適



駐車場・宅地周り・お墓周り

使用事例



水稲刈跡


オモダカの場合
散布時期の目安



水田畦畔



秋冬期処理事例
散布時期と雑草抑制期間の目安

◆ カメムシの越冬場所となる畦畔のイネ科雑草の管理にも有効です。



休耕田の雑草対策

管理作業の新提案


検証結果まとめ (自社試験結果)