ソーラー用地雑草対策専用サイト ヴェグラス ドット コムお気軽にお問い合わせ下さい。

ヴェグラストップページ > ソーラー用地雑草対策トップページ > 雑草ってどこからくるの?

トップページへ

雑草ってどこからくるの?

雑草はどこでも生えてきます!

日本の豊かな気候風土の中、植物はどこにでも生息しており、人間の活動に不利益を生じる植物を総称して「雑草」と呼んでいます。
雑草の種子は すでに土の中に膨大な量が存在・蓄積しており、これらの集団は、埋土種子集団(Seed Bank シードバンク)と呼ばれています。これら雑草の種子は、温度や水分など条件が整えば、発芽してきます。また、雑草の種子は、風や雨、(人間も含む)動物、鳥などによってもソーラー用地内に運ばれてきます。土の中では、地下茎などによって、用地内に侵入してくる場合もあります。こうした雑草は、発生し始めると速やかに生育が進み、あっという間に大きく広がり、多大な悪影響を及ぼします。その上、生えた雑草は、大量の種子を生産し、ますます用地内の雑草の量が増えてきます。
こうした悪循環を絶つためにも、適切な雑草対策が不可欠です。

雑草はどこからくるの??

種子による侵入と増殖 根・地下茎による侵入と増大種子 風、雨、土、人間、動物

良好に生育が進むと、1個体あたりの種子生産数は、エノコログサで1万個以上、
ヒメムカシヨモギで数十万個にいたると言われています。

すでにシードバンクが…根・地下茎による侵入と増大 見えなくとも雑草の根・地下茎はすでに土の中に!→施設外からも侵入!→地中で四方八方に増大→定着化

侵入雑草の増殖・定着とSeedBankの増殖

侵入雑草の増殖・定着とSeedBankの増殖

土は雑草種子の貯蔵庫「Seed Bank」